三菱商事 中途採用 書類選考・Webテスト 体験記

三菱商事 総合商社

この記事は、三菱商事の中途採用(総合職)の書類選考・Webテストのレポートです!

 

三菱商事の中途選考フローは、以下です。

書類選考 → Webテスト → 一次面接 → 二次面接 → 三次面接 → 内定

 

三菱商事の中途採用は、一般型採用オープン型採用があります。

 

一般型は、選考者が、中途採用を募集している部署の中から、受けたい部署を第二希望まで指定し、書類応募する方式です。
書類選考通過したいずれか1つの部署で、面接実施となります。

 

オープン型は、中途採用を募集している全ての部署で書類選考を受け、その中で自分に興味を持ってもらえた部署があれば、その部署で選考が進んでいく、という方式です。
複数の部署で書類通過すれば、一次面接は複数回実施され、二次面接以降は、いずれかの案件にて選考を進みます。

 

一般型は、現職で経験してきた分野で即戦力として活躍したい方

オープン型は、年齢が比較的若く、どちらかと言うと、ポテンシャル採用を狙う方向け

だと思います。

 

私は、これまでの経験にマッチする部署が募集していたので、オープン型で応募しました。

今回も、エージェント経由で応募しました。

(実際に受けていた部門名は伏せます)

スポンサーリンク

 

書類は、基本的な職務経歴書+志望動機(400字)でした。

 

書類選考は、無事、通過しました。

 

次は、Webテストですが、【算数・国語・性格検査】+【英語】になります。

 

【算数・国語・性格検査】は、玉手箱です。

参考書を3周くらいしてから、受けました!

 

【英語】は、CASECというテストになります。

内容は、TOEICの簡潔版みたいな感じで、

リーディングとリスニング、さらにはディクテーションに分かれていました。

 

リーディングは、語彙・長文で、リスニングは、TOEICでいうPart2,3のようなもの、

ディクテーションは短文が読まれて、3~5wordsを入力する形式でした。

スポンサーリンク

 

CASECは受けたことが無く不安だったので、

事前に個人で申し込み、受験料数千円を払って、受けてみました。

 

公式HPから申し込み、クレカ決済をすれば、すぐに受験でき、

結果もその場でわかるのでオススメです!

 

テスト結果は、こんな感じでした!!

 

CASEC

 

TOEIC換算850点だったので、まあ大丈夫かな、って感じでした。

実際のTOEICの点数は、ここまで高くないので、少し甘く算出されると思います。

 

英検換算では2級、との評価で、こちらは妥当かなと思いました。

感触としては7割くらいの出来です。

 

何よりも一度形式に慣れたことは、大きかったです。

 

その後、三菱商事から案内されている方のCASECを受験しました!

出来としては、事前に受けた際と同じくらいの7割程度だと思います。

(もちろんこっちは、三菱商事にしか結果はいかず、自分はわかりません)

スポンサーリンク

 

そして、結果は、、、

見事、Webテスト通過し、一次面接の案内がきました!!

 

エージェントによると、この時点で相当、絞られている、とのことでした。

 

確かな数字は教えていただけませんでしたが、以下のように仰っていました。

 

エージェント
エージェント

一次面接まで行った人の数がここまで絞られるとなると、面接全体を通しての倍率は、5倍程度でしょう

 

とすると、各部門の募集人数は、1~3人程度なので、

一次面接に行った人数は、各部門約10人ずつくらいだと思います。

 

次回、一次面接編です!

タイトルとURLをコピーしました