【2度目】日本郵船 中途採用 書類選考・Webテスト 体験記

海運

この記事は、日本郵船の中途採用(総合職)の書類選考・Webテストのレポートです!

日本郵船の中途選考フローは、以下になります。

書類選考 → Webテスト → 一次面接 → 二次面接 → 三次面接 → 内定

 

日本郵船の中途採用は、2度目の挑戦になります。

1回目は二次面接まで進んだものの、お見送りとなってしまいました。

 

その時のレポートはこちら↓↓↓

日本郵船 中途採用 一次面接 体験記
この記事は、日本郵船の中途採用(総合職)の一次面接レポートです!日本郵船の中途選考フローは、書類選考 → Webテスト → 一次面接 → 二次面接 → 三次面接 → 内定になります。
日本郵船 中途採用 二次面接 体験記
この記事は、日本郵船の中途採用(総合職)の二次面接レポートです!実際に質問された内容や、私が答えた内容を、会話形式でお届けします。
スポンサーリンク

 

なぜ、2度目の挑戦をしたのか

 

業界としては興味を感じませんが、日本郵船という会社に魅力を感じていました。

 

重厚長大な産業で、変化が小さく、成長も期待はできない(良く言えば安定)と思います。

会社の提供価値も、極論、船をタイムリーに安全運航することなので、

面白みには欠けるかもしれません。

 

一方で、海外駐在機会が非常に豊富(しかもヨーロッパが多い)で、給与もそれなりに貰えます。

従業員の方々も何人か知っていますが、紳士淑女が多く、魅力的でした。

 

また近年は海洋事業に力を入れており、そういった新規事業領域に当たれば、面白い仕事ができるチャンスがあるとも考えていました。

 

キャリアとしては、引退まで勤め上げる前提となりますが、最終的にはどこかの事業会社に落ち着きたい想いがあるため、魅力的に感じました。

 

日本郵船 書類選考

 

今回は、エージェントは使わずに、公式HPから応募しました。

 

書類選考の内容は、以下でした。

・職務経歴書

・志望動機(300~350字)

・自己PR(300~400字)

 

以前は「手書き郵送」でしたが、

マイページ上で入力してアップロードする形式になっていました。

(以前の手書きはしんどかった・・・)

 

志望動機は以下のようなものにしました。

「輸送ソリューションの総合力」と「チャレンジングな姿勢」に魅力を感じました。自動車部門では、完成車管理や陸送サービスだけでなく、PDIを実施するVPCやVDCの運営、ROROターミナルの自社運営などを行うことで、品質をワンランク上げながらも、最短納期を実現しています。脱炭素では、水素と燃料電池を組み合わせた実験を異業種企業とオープンイノベーションでチャレンジしています。
私も現職にて、○○の事業開発や、××のマーケティング活動など、自発的に取り組んでおり、チェレンジ精神を大切に職務に励んできました。この経験を活かし、貴社でも活躍できると考えております。

 

競合他社と比較した際の郵船の強みは、「陸・海・空とバランスの取れたポートフォリオ」とよく記載してありますが、多くの人がこの内容を書くと思いますので、差別化できません。

 

そのため、自動車部門を1つピックアップして、具体的に書くことで、他候補者との差別化に留意しました。

 

車を運ぶだけでなく、船に乗せる前後の品質検査など、一気通貫の輸送ソリューションを持っていることはHPを調べれば出てきます。

 

また、企業をただ褒める内容だと、人事も全て知っている内容になりますので、自分が活躍して利益に貢献できる、ということも具体的に書いておくと良いかと思います。

 

 

自己PRに関しては、詳しくは書けませんが、「他者を巻き込む力」に関して、現職の経験を書きました。

 

日本郵船は、ジョブローテーションを採用しており、特定のスキルというよりは、ビジネスマンとしての総合力を求めています。

 

ですので、1つの目標に向かって、価値観の異なる他者を巻き込み、試行錯誤し、成果に繋げるような経験が好まれると思います。

 

日本郵船 書類選考結果

 

書類アップロード期限の5日後に、

書類選考合格通知Webテスト案内が来ました!

スポンサーリンク

 

日本郵船 Webテスト

 

Web検査は、CBT-Solutionsが実施しているものでした。

このCBTのテストが厄介で、どうも企業ごとに問題構成を変えているようで、日本郵船の出題範囲を網羅している対策本はありません。

 

一番近しいものでいうと、TG-WEBの従来型の問題だと思います。

(特に国語に関しては、そっくりでした)

 

TG-WEBの対策本はこちらです↓↓

 

当日は、外部会場で受けるスタイルです。

中途採用で外部会場にテストを受けに行ったのは、後にも先にも日本郵船だけです。

 

科目は、算数、国語、英語で、各20分、合計60分です。

性格の適性検査に関しては、自宅PCから受験するものでした。

 

算数は、20分20題で、推論がメインでした。

飛ばした問題も後から戻れるので、解ける問題から解くことが重要です。

 

国語も、20分20題で、文章の並び替え、長文に入る言葉や文章の選択、長文の要旨選択などがでました。

 

英語は、20分、問題数はちょっと失念しましたが、恐らく20題、長文がメインです。

そこまで難しいものではなかったです。

スポンサーリンク

 

日本郵船 Webテスト 結果

 

テスト受験から数日後に結果連絡が来ました。

 

ーーーーー

てぃー次郎様

この度は日本郵船にエントリー頂き誠にありがとうございます。

てぃー次郎様は筆記選考合格となりましたので、次のステップにお進みください。

次のステップは、一次面接となります。

ーーーーー

 

ということで、今回も面接に挑めることとなりました!!

次回、一次面接編です!!

タイトルとURLをコピーしました