日本郵船 中途採用 二次面接 体験記

日本郵船 海運

この記事は、日本郵船の中途採用(総合職)の二次面接レポートです!

 

日本郵船の中途選考フローは、以下になります。

書類選考 → Webテスト → 一次面接 → 二次面接 → 三次面接 → 内定

 

書類選考~一次面接の体験レポートはこちら↓↓↓

日本郵船 中途採用 一次面接 体験記
この記事は、日本郵船の中途採用(総合職)の一次面接レポートです!日本郵船の中途選考フローは、書類選考 → Webテスト → 一次面接 → 二次面接 → 三次面接 → 内定になります。

 

二次面接も、一次面接と同様、土日ではなく、平日に行われました。

 

面接日時の予約枠から考察するに、一次面接には30人程いましたが、二次面接は10人程という感じだっと思います!

 

今回お願いしていたエージェント経由では、

一次面接を通過したのは、私のみとのことだったので、倍率が高かったのは確かです。

 

今回も、丸ノ内の日本郵船本社が会場でした。

指定された階に行くと、人事担当の方が待っており、控室に案内されました。

時間になると、先ほどの人事の方が迎えに来てくれ、面接室に行くよう案内されます。

スポンサーリンク

 

日本郵船二次面接の内容

 

ノックして、入ります。

てぃー次郎
てぃー次郎

トントン(ノックする音)

失礼します!

 

一次面接は、会議室でしたが、二次面接は、少し厳かな応接室でした。

面接官は、50代の男性1名で、部長(恐らく人事部長)です。

 

一次面接とは、雰囲気が全然違いました。

緊張して椅子の前に立ち、

てぃー次郎
てぃー次郎

私、てぃー次郎と申します! 本日はどうぞよろしくお願い致します!

 

と言って座ろうとしたところ、、、

 

部長
部長

いやいや、そんな新卒採用でもないんだから、かしこまらずに。

もっとフランクでいいですよ。

 

なんか調子が狂いそうになりましが、立場上フランクにいくのも変な話ですから、真面目スタイルは崩さずいきました。

 

部長
部長

では、自己紹介、お願いします。

てぃー次郎
てぃー次郎

はい、てぃー次郎と申します。
私は、新卒で○○に入社し~。

趣味はランニングです!

 

部長
部長

営業で高い成果を出されていますが、
どのような営業をされていたのですか。

 

趣味は完全スルーでした。

自己紹介で、営業で好成績を収めたことを話すと、どの面接でも必ず深掘り聞かれました。

 

てぃー次郎
てぃー次郎

行動力を活かして、課題解決型の営業をしておりました!

 

部長
部長

もう少し詳しく説明してください。

どういう客先に、どういう商品を、どうやって売ってたの。

てぃー次郎
てぃー次郎

お客様は、大手法人企業です。新規ではなく、既納客中心です。
〇〇を売っていました。
顧客購買部門との商談に終始する現職の市場において、実際に商品をご利用頂いている、顧客の日本中の現場に、年間100回以上足を運び、顧客ニーズを抽出した上で、購買部門に対して、自社製品で課題解決する営業をしていました。

 

部長
部長

ふーん、なるほど。わかりました。

なぜ転職考えているんですか?

御社も非常に良い会社だと思うのですが。

てぃー次郎
てぃー次郎

現職も非常に良い会社です。

しかし私は、「世界中の人々により良い暮らしを提供したい」という想いがあります。現在は、国内担当であり、人事制度として部門を跨いだ異動などがないことから、上記目標の達成が難しいと考えました。

海運は、グローバルを舞台に物流の大部分を担っており、最大価値を提供できる業界だと考えています!

 

部長
部長

そうですか。

 

なんか、全然、反応がありません。

終始、暖簾に腕押し、という感じでした。

なんというか、「まぁ、みんなそんな感じだよね~」みたいな反応をされました。

スポンサーリンク

 

部長
部長

自分の強みって何ですか?

てぃー次郎
てぃー次郎

「行動力を基盤とした対人折衝力」です。

営業では、購買部門に売り込むのではなく、実際に商品をご利用になる、全国の営業所やサービス拠点まで足を運びました。100名近くいる営業の中で、上位1桁という成果を出しました。

営業以外では、△△PJのリーダーとして、メンバーをまとめた経験があります。持ち前の行動力で、1対1のコミュニケーションを重視し、周囲の意見を受けとめた上で、全体最適へとチームを導きました。

 

強みは、用意していたことをそのまま喋ったのですが、営業部分に関しては、先ほど言った内容と同じなので、省いた方が良かったですね。

あまり深堀りしてくれないので、後半の△△PJをもっと詳しく言うべきでした。

 

部長
部長

なるほど。

じゃあ、弱みはなんですか。

てぃー次郎
てぃー次郎

物事を頼まれた際に、「No」と言えないところです。

量をこなすことで、知見が広まると考え、何でも受け入れてしまいます。業務が膨大になると、納期に間に合わないなどの、他者に迷惑をかける事態もありました。

今は、現在の業務量を確認し、少し余裕を持った納期を伝えた上で、引き受けるようにしています。

 

何か、しょっぼい弱みですよね。

入社1年目か!!

 

部長
部長

わかりました。

最近気になったニュースはなんですか。

 

えっ、ニュース?!御社の対策で忙しくて、最近見てない・・・

 

てぃー次郎
てぃー次郎

はい・・・・最近のホルムズ海峡での政情不安です。

日本の船が攻撃されたり、イギリス船が拿捕されたニュースです。

(最近、ニュースでやってたし、これしかない!!)

 

部長
部長

なぜ気になったのですか。

 

これまでの質問は全然深掘りしてくれなかったのに、この質問は深掘り・・・

 

てぃー次郎
てぃー次郎

えっと、、、背景は、イランとアメリカの関係悪化だと考えます。

両国は、オバマ前大統領時代は良好な関係でしたが、現トランプ大統領になってから、関係悪化しております。そのような他国のニュースが、海運に大きな影響をもたらしているからです!

 

早く、この話題から逸れてくれ。。。

 

部長
部長

では、この政情不安は、今後どうなると考えますか?

もしくは、どうするべきですか。

てぃー次郎
てぃー次郎

えっと、そうですねー、、、(死ぬほど冷や汗をかく)

 

部長
部長

この先どうなるかなんて、誰もわからないので、

思ったことを何でも述べてくれればいいですよ。

てぃー次郎
てぃー次郎

他国のためにも、早く解決するべきだと思いますが、緊張状態が続くと思います。ただ、経済力や軍事力ではアメリカが圧倒してますから、武力衝突とはならないと思います。日本や欧州などの他国が仲裁する必要があると思います。

 

部長
部長

そうですか。ありがとうございます。

 

やっとおわった。色んな意味でオワタかもと思いました。

何と言いますか、コミュニケーションの流れが良くなかったです。

 

部長
部長

仮に入社することになった場合、いつから入社できますか。

てぃー次郎
てぃー次郎

3か月後には入社できると考えています!

 

部長
部長

わかりました、ありがとうございます。

面接は以上です。

 

感触としては、悪くない、でも、、、良くもない、という感じです。

なんか、独特の雰囲気とリズム、を持った人事部長でした。

そのリズムに、上手く乗ることは、出来なかったです。

 

現職での実績や、強み・弱みに関する深掘りの質問が殆どなく、表面的な回答に終わってしまいました。

 

一次面接は、良かった!という感じでしたので、それと比べると微妙ですね。

 

面接室から出て、受付担当の人事に挨拶した際に、控室に向かう次の選考者とすれ違いました。

あの人事部長は今日約10人連続で面接するのだと思います。

スポンサーリンク

 

日本郵船二次面接の結果

 

一次面接の結果は、数日できたのに、なかなか来ません・・・

 

一週間たっても来ません・・・

(このあたりで悟り始める)

 

まさかの、二週間たっても来ません・・・

もうこれ通過者は、最終面接してますよね?

(このあたりでお見送り確定を悟るとともに、連絡の遅さに苛立つ)

 

エージェント経由で、他の候補者も選考に進んでいる場合、

誰かひとりにでも、通過連絡が来ていれば、不合格だとわかるのですが、

私だけしか受けていないかったので、その判断もできず、長々と待ちました。

 

このとき、既にK-Lineの内定が出ており、内定承諾期限が近かったので、

早く結果が欲しかったです。

 

エージェントに催促しても、

エージェント
エージェント

うーん、日本郵船さんから音沙汰はないので、

もうご自身で判断されるしかないですね。

といった感じで、特にプッシュなどはしてくれませんでした。

(エージェントとしての価値を果たして欲しい)

 

 

確か、三週間後あたりに連絡が来ました。

 

なんと、、、無事、、、

 

お見送りです!!!

 

個人的に、通過者にだけ早く連絡をして、不合格者に連絡が遅い、というパターンは嫌いです。

 

新卒の時は、殆どそうでしたけどね。笑

でも、それって、相手の立場に立ててないな、って思います!

 

しかし、日本郵船は残念でした。

出来が平均点というか、インパクト残せなかったな、と思いました。

 

二次面接10人受けたと仮定して、最終面接にいけるのは3,4人だと思います。

今回の面接は、時間が短く、質問も少なかったので、及第点をとるのでなく、

面接官にインパクトを残す必要がありました。

 

日本郵船に勤めている友人に今回の話をした時は、

「気になったニュースなんて、近所のスーパーのもやしの値段が1円上がってました」

とかそういうのでいーんだよ。って言ってましたね。笑

 

これにて、日本郵船二次面接レポート終了です!!

タイトルとURLをコピーしました