転職エージェント11社使った私のおすすめ3社

転職活動全般

 

てぃー次郎
てぃー次郎

私が実際に使った転職エージェント11社を徹底比較し、おススメのエージェントを紹介します!

 

転職エージェントは沢山ありますが、求人数、得意としている業界、どれだけ親身に対応してくれるのかなど各社特徴があります。

 

「エージェントと面談したけど、紹介される求人は興味のないものばかり・・・」

とならないためにも、自分にあったエージェントを見つけ、効率良く転職活動することが必要です。

 

エージェント比較一覧

てぃー次郎
てぃー次郎

11社に関して、求人数・選考情報量・サポート力で比較しました。

 

〇=優れている、△=ふつう、×=弱い
赤字=おすすめ

名称 求人数 選考情報量 サポート力
リクルート
エージェント
×
JAC
リクルートメント
アクシス
コンサルティング
コンサル中心
doda ×
ムービンストラテジック
キャリア
コンサル中心
Type転職
エージェント
アデコSpring ×
ランスタッド ×
エン
エージェント
×
エンワールド 外資中心
サムライ
ソウル
メガベンチャー中心

 

リクルートエージェント

とりあえず登録して面談しておくべき。

求人数が圧倒的でアプリから求人検索できるため、志望企業の求人が出ていないか調べるのに重宝しました。

一方、エージェントの質に差があるので、自分と合わないと思ったらすぐに変更してもらった方が良いです。

エージェント1人当たりが担当している転職希望者数が多い(一説によると100人以上)のか、サポート力は低いです。

(最終面接まで行くと急にサポートしてくれるようになりますが)

以下からサクッと登録できます↓↓↓

JACリクルートメント

超おススメです!

ここで事業会社とコンサルティング会社の内定を取りました。

リクルートエージェント程ではありませんが、事業会社(特に大企業)からコンサルまで幅広く求人がありサポート力が抜群でした。

面談をすると、各企業担当者から案件紹介の連絡が来ます。(リクルートでは企業担当者とは話せずあくまでアドバイザーとしか話せない)

 

希望に沿った案件紹介が多かったため、効率的に進めることが出来ました

担当者も説明が丁寧でこちらの話をよく聞いてくださる方が多かったです。

以下からサクッと登録できます↓↓

 JAC Recruitment

アクシスコンサルティング

コンサルがメインです。(事業会社の求人も多少はある)

事業会社への転職で使うメリットは感じませんが、コンサル転職では登録&面談がおススメです!

MBBなどの戦略系~BIG4などの総合系まで幅広い企業案件と選考情報を持っています。

特に総合系に関しては、後述するムービンなどは「BIG4とかは対策とかしなくて大丈夫です。余裕です。」ぐらいの雰囲気なのですが、アクシスはしっかりと選考対策をしてくれた印象です。

登録は以下からできます↓↓

doda

リクルートとほぼ同じで求人数が充実しています。

リクルートかdodaのどちらかを登録しておき、求人検索に活用すべきだと思います。私はリクルート派でした。

dodaに登録すると、毎日大量に求人メールを送ってくるのが煩わしいです。

ムービンストラテジックキャリア

コンサルがメインです。ビズリーチにて先方から連絡頂きました。

MBB、カーニー、ローランドベルガ―、ADLが中心で、Big4はオマケ的な感じでご紹介頂きました。

 

職務経歴書アドバイスやケース面接対策などもやってくれますが、そこまで時間はかけてくれませんでした。

コンサルを受けるにあたって教えてもらった対策としては、①ケース問題対策書籍の紹介、②各コンサルの選考情報共有です。②に関しては、詳しく記載があったので参考になりました。

 

ケース模擬面接も依頼しましたが、やんわりと断られました。

私の担当者は早慶以上の学歴の人を数多く捕まえて、とにかく選考を受けさせるという方針だと思います。

 

求人検索はできず、紹介された求人しか見ることができません。

 

Type転職エージェント

リクルート程の求人数はありませんが、リクルートより手厚いサポートを受けられました。

最終面接前などは企業担当と直接面談して頂き、アドバイスなどを頂きました。

求人検索はできず紹介された求人しか見ることができませんので、アドバイザーとの相性が大切になるかと思います。

私は最初の担当者と相性が合わず、担当者を一度チェンジしました。

アデコSpring

Type転職エージェントの下位互換というイメージです。

求人数もあまりなく、あまり使って良かったとは思いませんでした。

求人検索はできず、紹介された求人しか見ることができません。

ランスタッド

こちらもType転職エージェントの下位互換というイメージです。

私のアドバイザーはとても親身に転職相談に乗ってくださいましたが、求人数が少なく活用することが出来ませんでした。

求人検索はできず、紹介された求人しか見ることができません。

エンエージェント

アドバイザーと面談をした後、アプリを案内され面談情報をもとに、アドバイザーがアプリ経由でオススメ求人を紹介してくれます。

アプリの使い勝手が悪く、また求めていない求人ばかりでした。

エンワールド

外資に特化しています。

アドバイザーと面談した後、アドバイザーや各企業の担当者から案件を紹介されます。

GAFAのような超大手から、uberのようなグイグイきている企業などを紹介頂ました。

 

担当頂いたアドバイザーはとにかく電話で紹介してくることが多く、強引に選考を受けるよう圧力を感じました。

求人検索はできず、紹介された求人しか見ることができません。

サムライソウル

メガベンチャーに強みを持っています。

赤坂の雑居ビルにオフィスがあり不安だったのですが、特にリクルートには実績を持っているようです。

 

職務経歴書もかなり念入りに添削していただけました(これは本当にありがたかった)。

リクルートや楽天などのメガベンチャーに興味があるのであれば、活用すべきだと思います。

 

どのエージェントに登録すれば良いか

 

結論としては、リクルートエージェント(以下RA)JACリクルートメント(以下JAC)はおススメです。

RAは、膨大な求人数があるので、求人検索機能として活用できます。

RAで希望の求人を見つけた後、お気に入りの他の転職エージェントに問い合わせてみる、という使い方もできます。

以下から登録できます↓

JACは親身に伴走してくれますし、希望求人があれば活用して損はないと思います。

以下から登録できます↓↓

JAC Recruitment

 

上記とは別に、ベンチャーやコンサルなど特定の業種を狙っているのであれば、そこに強みを持っているエージェントを探すべきだと思います。

コンサルだとアクシスコンサルティングは、戦コンと総コンの選考情報を数多く持っているので登録がおススメです。

以下から登録できます↓↓

 

私みたいに10社以上のエージェントに会うのは効率が悪すぎるので、

目安2~4社を活用すれば良いと思います。

 

最後に

 

全てのエージェントに言えることですが、担当者が自分に合う・合わないという不確定要素が存在します。

自分に合わないと思ったらサポート窓口などに問い合わせ、担当者変更を伝えた方が良いと思います。

 

エージェントは、転職希望者を入社させて初めてフィーが発生するビジネスなので、人によってはこちらが望んでいない企業も受けさせようとしてきます。

「練習用として」「内定貰ってから考えれば良いので」などと言葉巧みに誘導してきますので、そこまで時間と労力を使うまでの意味があるのかをしっかり自分で考えるべきだと思います。

 

少しでも転職活動の助けとなれば幸いです!!

以上です!

タイトルとURLをコピーしました