未経験コンサル中途入社 半年後の1日スケジュール

コンサルワーク

未経験でコンサルに中途入社(アソシエイト)して約半年経った今、代表的な1日のスケジュールをご紹介したいと思います。

入社1か月時点のスケジュールを書いた記事もありますので、宜しければどうぞ!!

未経験中途でコンサル入社した最初の1か月
未経験でコンサルに中途入社した最初の1か月、どのような仕事をしたのか書いています。仕事内容、労働時間、周囲の人など就労環境全般についても記載しております。
スポンサーリンク

 

コンサル中途入社(半年後)の1日のスケジュール

 

8:00      5回目の目覚ましで起床

8時間睡眠が至高だが、最近は6時間睡眠が続く。顔洗って、朝食をとって、歯を磨いて、コーヒーを淹れる。

 

9:00     始業(テレワーク)

昨夜22時に資料レビューをメール添付で依頼(to マネージャー)したが、深夜1:00に返信が来ている。「内容確認しましたがOKです。後はこちらで引き取ります。」とのこと。本当にOKなのかは不明だが、少しホッとする。

 

9:30     打ち合わせ準備

30分後にクライアントとの打ち合わせの準備。

クライアントの新規事業において、直近5年間の資金シミュレーション作成を依頼されており、本日ご説明することになっている。会計やファイナンスの知識が無く、書籍で勉強したり上司に教えてもらいながら作成した資料の最終確認。

 

10:00     クライアント打ち合わせ(Web会議)

内容をご説明させて頂く。

PL(損益計算書)に関する細かい質問を受け、本日はもう少し全体像の擦り合わせを・・・と思っていると、残り10分切りCF(キャッシュフロー)を確認している際に、「何となく全体的に想定からズレている」と言われ焦る。後日内容を詰め切り、再度共有することに。

もう自分だけでは処理無理なので、どこかで上司に相談しよう。

 

11:00     社内プロジェクト打ち合わせ(Web会議)

社内PJの定例会。マネージャー未満のスタッフだけで構成されたチームであり、クライアントもいないので、雑談も挟みながら、終始和やかでスローペースで進捗。

終了後は、議事メモと次回へ向けたto doを整理し、メンバーへ送付。

 

12:00     昼食

13時からクライント会議のため、サクッと30分で済ませる。

在宅勤務だと昼食はほぼ毎回レトルトカレーな気がする。

スポンサーリンク

 

13:00     クライアント定例ミーティング

マネージャーがファシリテーターとなり、進捗状況の確認と、今後の論点整理、次にすべきことを確認。

クライアントはコンサル使いが結構荒く、何でもこちらに短納期で投げてくる。マネージャーは全て笑顔で受けるが、作業をするのはこちらなので、ため息が多くなる。

会議では私の発表パートは無かったので、同時並行で議事録を作成。会議中に完成させることは無理なので、全て録音しておく。

 

14:00     議事録作成

議事録はスピード感を持って共有することが大切と言われている。遅くとも当日中の送付は心掛けている。

録音音声を聞きながら、議事録を仕上げる。途中、議論が二転三転しており、肝心な部分が結論付けられずに別の議題に移ってしまっている。なんとか構造化させてまとめ、参加者全員へメール送付。

 

15:00     インタビュー設計

市場調査として、専門家へのインタビューを予定しているため、インタビュー内容を設計。論点整理と仮説構築は、マネージャーと実施済なので、実際の質問文章に落とし込んでいく。

そもそもインタビュー設計は初めてなので、別PJの資料を参考に作成していく。知りたい項目を大項目→中項目と整理した上で、小項目として質問文を記載。

ある程度目途が立ったところで、シニアスタッフにご連絡。「インタビュー設計の件に関して、質問一覧を作成したので、お時間よろしいですか。」即レスが返ってくる「17:00からならOKです」

 

17:00     シニアスタッフからのレビュー

事前にメールで共有した資料を再度ご説明させて頂く。

シニアスタッフ「そもそもこの市場調査の論点と仮説って何だっけ?」

待ってましたと言わんばかりに、以前マネージャーとすり合わせたスライドを共有。

シニアスタッフ「なるほど。最初にそれ見せて説明してくれた方が親切ですよね。私も覚えているわけではないので。」

いくつかご指摘頂いた内容をその場で反映し、完了。

 

18:00     社内打ち合わせ

本日実施したクライアントミーティングを踏まえ、次回の中間報告に向けた資料構成を議論。基本パートナーとマネージャーが話しており、こちらはほぼミュート状態。その場でパートナーが資料の全体構成を決定し、一旦パートナーは離脱。

マネージャーがシニアスタッフに作業を振り分け、シニアスタッフは別途私に作業を振る。

 

19:00     夕食

ちょっと疲れたし、ASAP対応もないので、夕食休憩。しっかり自炊。夕食をちゃんとした時間にとれるのはテレワークの良いところ。オフィス出社だと、帰宅後の食事になるので、どうしても夜遅い時間となり太りがち。

 

20:00     業務再開

シニアスタッフからメールが来ており、私が作成するスライド内容が連絡きている。一部内容が分からないところや、作業設計に関して、簡単に電話で確認させて頂く。

 

21:00    資金シミュレーションの詰め

本日AMにクライントからご指摘頂いた資金シミュレーションの内容を確認。シニアスタッフに確認しようとしたが、もう上がっている様子。申し訳ないが、マネージャーにチャット「今よろしいでしょうか」即レスで「どうぞ」。公認会計士の資格も持っているマネージャーが嫌な声ひとつせずに懇切丁寧に教えてくれた。

 

22:30    業務終了

疲れてきたので、終了。

平均終了時刻はこれくらい。最速で19時、最遅で1時くらいのレンジ。

スポンサーリンク

 

終わりに

 

コンサルに未経験中途で一番下のランクで入り、ちょうど半年後あたりの1日の仕事イメージを書いてみました。

一番下のランクのため、議事録作成など作業系が多いのですが、そういったコンサル基礎が欠如していると今後苦労することになると思うので、とにかく一生懸命にやっています。

そこそこ忙しいですが、前職であったような「この会議何のためにやってんだ?」とか「この作業本当に必要?」のような虚しくなる時間はゼロで、個人的には濃い時間を過ごすことが出来ていると思います。

私がコンサルに行くかどうか悩んでいた際は、スタッフの1日のスケジュールがどのようなものか、イメージが湧かなかったので、そのような方に参考になれば嬉しいです。

勿論スケジュールは、良くも悪くもプロジェクトによる、という所はありますので、あくまでご参考に留めて頂ければと思います。

タイトルとURLをコピーしました